ZOOM(ズーム)-5

さて。

今まで何回かに分けてオートキャド(AutoCAD)の「ZOOM(ズーム)」コマンドの操作方法についてお話しをしてきました。

色々な操作方法がありましたが、操作の感覚は掴めたでしょうか。

今回はそのZOOMコマンドに用意されている、その他のオプションについて考えてみたいと思います。



■主要なオプション

窓のコーナーを指定、表示倍率を入力(nX または nXP) または

[図面全体(A)/中心点(C)/ダイナミック(D)/オブジェクト範囲(E)/前画面(P)/倍率(S)/窓(W)/選択オブジェクト(O)] <リアル タイム>:


上記のように、ZOOMコマンドを実行するとたくさんのオプションがあることが分かります。

今まではその中から、以下のようなオプションについて説明してきました。

2点指定によるズーム

直前画面

オブジェクト範囲表示

これらのオプションは、ZOOMコマンドの中で割とよく使う機能です。

なので、実際にオートキャド(AutoCAD)を起動して操作をやってみて、コマンドの流れと使い方をきっちりと覚えておくことをお勧めします。

■その他のオプション

ZOOMコマンドには、今まで説明してきた以外にもたくさんの機能が存在します。

細かい機能がたくさん用意されていることは良いことではありますが、今回は全ての機能を紹介しないでおくことにします。

これは別に手抜きをしている訳ではありません。

そうではなくて、ただ単純にあまり使用しないオプションだというのがその理由です。

あまり(というかほとんど)使用しない細かな機能を覚えていくよりも、もっと覚えるべきオートキャド(AutoCAD)のコマンドはたくさんあります。

オートキャド(AutoCAD)はたくさんの機能があるCADですから、優先順位を決めながら勉強をしていくのが効率的です。

もちろんアルファベット順に片っ端からコマンドを覚えていくというやり方もありますが、たいして使わないコマンドに詳しくなっても仕方がありません。

「無意味」とまでは言いませんが、「無駄」ではあると思います。

ですから、オートキャド(AutoCAD)を覚える為には「覚えるコマンドの優先順位」があることを知り、よく使う機能を優先的に覚えていくことにしましょう。

■関連コマンド

ZOOM(ズーム)コマンドに関連するコマンドとしては、やはり「PAN(画面移動)が挙げられます。

このコマンドはオートキャド(AutoCAD)の画面操作をする際に、ZOOMとセットになっているコマンドですから、あわせて覚えておくことをお勧めします。

<< トップ >>
サブコンテンツ

このページの先頭へ